遺産相続・相続税や遺言書の書き方等、相続に関しての相談先を検索。遺産相続のトラブル回避はFP・税理士・弁護士・司法書士等の専門家に相談を

遺産(相続財産)の調べ方

[PR] 自分で解決したい方向けノウハウ

相続トラブルを事前回避する対策
相続専門の司法書士の『相続・遺言対策』で相続トラブルを事前に防ぎましょう

相続手続なしで銀行預金を引出す方法
どうしても必要な場合は相続手続なしで銀行預金を引き出す方法があります

相続が発生すると、被相続人(亡くなったかた)の財産のうち、どこまでが遺産となり、どこが遺産とならないのかを調査によって明らかにする必要があります。

遺産(相続財産)には預貯金や不動産などのプラスの財産から、住宅ローンや借金などのマイナスの財産まで全ての財産を含みます。また、保証人というような身分や会社の社長としての地位などは相続の対象にはなりません。

遺産の調べ方

どのような遺産があるかを調べるには、まず遺産をすべてリストアップする必要があります。
相続があったことを知ってから3ヶ月以内に相続をするかどうかの判断をしなければ、単純承認したこととなり、プラスの財産もマイナスの財産も全てを相続することになります。3ヶ月が経過してしまうと相続放棄限定承認もできなくなってしまいます。

遺産を調べる際は、プラスの財産が多くても不利益にはならないので、まずは借金などのマイナスの財産から調べた方が良いでしょう。

プラスの遺産

現金・預貯金
不動産
生命保険金、死亡退職金   
株式
動産
債権
通帳の名義などで確認します
土地と建物。法務局で登記簿謄本を取得して確認します。
被相続人を受取人としているものに限ります
被相続人名義のもの
自動車、機械、美術品など
売掛金や貸付金など

マイナスの遺産

債務     住宅ローン、借金、連帯保証など

 

また、相続税の計算時には、上記のプラスの遺産とマイナスの遺産のほかに、みなし相続財産も考慮する必要があります。

 

遺産相続手続き専門家検索 東京都版

東京都23区税理士FP行政書士弁護士を探す
東京都23区外税理士FP行政書士弁護士を探す